胎児は、相続放棄できる?

胎児は、相続放棄できる?

被相続人(亡くなった方)に借金がある場合、相続放棄を選択することがありますが、胎児も相続人だった場合に、胎児が相続放棄をすることができるのでしょうか?


胎児は、相続放棄できる?

1.胎児が相続放棄をできるのか?

胎児は、まだ生まれてきていないので、相続放棄を選択することができません。

生まれてきていない子供が選択することはできないので仕方ないことですよね。

ただ、

民法886条

1、胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。

と民法には記載されておりますので、相続放棄しなければ、胎児が、被相続人の借金などを相続しなければならないことになってしまいます。

では、生まれてきていない子供(胎児)は、相続人となってしまうため、被相続人の借金などを相続しなければならないのでしょうか?

2.胎児でも相続放棄することができます!

生まれてきていない子(胎児)が相続放棄するためには、親権者が代わりに相続放棄をしてあげる必要があります。

【胎児が相続放棄をするための流れ】

生まれる

親権者(父・母など)が代理で、家庭裁判所で手続き(申述)を行う

※手続きは専門家に依頼することも可能

3.胎児の相続放棄を行う2つのパターン

例を使ってご説明します。

夫(父)が死亡し、相続人は、妻(母)と、胎児の2人でした。

パターン①

相続人の妻(母)は、相続放棄を選択している

パターン②

相続人の妻(母)は、相続放棄を選択していない

 

この2つのパターンで注意点があります。

胎児の母が、相続放棄を選択しているパターン①であれば、母が、特別代理人として家庭裁判所で相続放棄の手続きを行います。

胎児の母が、相続放棄を選択してないパターン②が注意です。

胎児の母が、父の財産を胎児に渡したくないという理由から、胎児のみを相続放棄させる可能性があるため、母が生まれてきた子供が相続放棄するには、母が子供の特別代理人を選任しなければなりません。

つまり、母と胎児で、利益相反であれば、母は、特別代理人の選任が必要になり、利益相反でなければ特別代理人の選任は不要になります。

4.特別代理人選任のために必要な書類と手続きの流れは?

親権者が必要書類を持参し、子の住所地の家庭裁判所へ行く必要があります。

詳しい必要書類や、手続きの流れは下記サイトをご参照ください。

特別代理人選任申立ての必要書類と手続きの流れとは?

まとめ

胎児の相続放棄の論点をご紹介しました。

不安がある方は、弁護士にご相談してから、どうすべきかを決断するべきでしょう。