【疑問】遺産分割協議で「相続しない」と決めたのに相続放棄できていない?

【疑問】遺産分割協議で「相続しない」と決めたのに相続放棄できていない?

相続財産が「借金」のみであった場合、あなたならどうしますか?誰だって借金は背負いたくないものですよね。通常であれば「相続放棄」という法的手続きをとる事でしょう。しかし、ここで考えたいのは相続人が一人だけではなく複数人いた場合。

例えば、兄弟・姉妹で財産を分ける場合は「遺産相続協議」という話し合いをして取り分を決める場合があります。この話し合いで例えば、「長男のAが借金を含めた財産を相続する」と兄弟で決めたのに、その後次男のBが借金の取り立てに合うという事例が報告されています。何故でしょうか?

 今回は、遺産分割協議で「借金を相続しない」とみんなで決めたのに実は相続放棄ができていなかった、というよくあるケースについて注意点をお話していきます。


【疑問】遺産分割協議で「相続しない」と決めたのに相続放棄できていない?

 1.相続放棄と遺産分割協議の違い

【疑問】遺産分割協議で「相続しない」と決めたのに相続放棄できていない?

①相続放棄は家庭裁判所が認定するもの

相続放棄は、あなたが相続する場合に「借金も財産も全て相続しません」と家庭裁判所に宣言する事です。相続放棄は、あなたが相続を知った日、例えばあなたのお父様が亡くなった日から3か月以内に管轄の家庭裁判所で申立(=手続き)することで認められます。

 相続放棄についてのポイントは、「なかったことにする」いわゆるリセット効果です。相続放棄をすると、あなたは「相続人」だけど相続しないという選択をしたのではなく、「そもそも相続人でない」というように相続についてまっさらな白紙状態になるのです。

【疑問】遺産分割協議で「相続しない」と決めたのに相続放棄できていない?

このため、例えば被相続人であるお父さんに借金があった場合でも、あなたが相続放棄をすれば債権者(例、クレジットカード会社)はお父さんの借金の件であなたを追い立てる事はありません。あなたが相続人でないということは家庭裁判所の認めた法的な事実です。法的な事実は、債権者が家庭裁判所で「相続放棄(または限定承認)の照会有無」という手続きにより調べる事ができます。

【疑問】遺産分割協議で「相続しない」と決めたのに相続放棄できていない?

 ちなみに、限定承認とは相続する財産の「一部は相続する」「一部は相続しない」と限定して相続する手続きのことで、相続放棄・単純承認と合わせて3つの相続方法と呼ばれています。

②遺産分割協議は遺産の分割を法的に証明するもの

これに対し、遺産分割協議の内容は債権者に対して実は有効ではありません。

 どういう事かというと、遺産分割協議とは難しい名前になっていますが簡単に言うと「身内の話合い」なのです。つまり、遺産分割協議とは通常相続人が複数人いて財産が現金のように分けやすいものだけでなく、土地・資格・建物といったように分けにくいものも含まれる時に行うものです。

【疑問】遺産分割協議で「相続しない」と決めたのに相続放棄できていない?

 相続する財産がこのように分けにくいものを兄弟で分けるとします。

「広大な土地は長男がもらう代わりに、100万円の借金も長男が引き受けよう。次男への遺産はマンションね。長女には資格をあげるから我慢してね」

というように、身内で勝手に決めて勝手に処理すると問題が出てくる可能性があります。後から「私、本当は土地が良かったのに、私がいない時に勝手に決められた!」など、ケチをつけてくる人がいると困りますよね。

 【疑問】遺産分割協議で「相続しない」と決めたのに相続放棄できていない?

そのような事がないように、民法906条では遺産分割の基準として「相続人が遺産分割をする場合は遺産分割協議をして、それを書面に残してね」という法律があります。ちなみに、複数人いる相続人のことは「共同相続人」と言い、遺産分割協議は相続人全員で行うことと取り決めがあります。

遺産分割協議で話し合った内容は、「この財産はこの相続人が相続します」というように遺産分割協議書に記録しますが、これは債権者が確認することができないのです。

そのため、遺産分割協議で相続放棄を決める場合は、遺産分割協議書の作成で安心せず併せて「相続放棄(または限定承認)はいつまでに誰が手続きする?」という事まで詰めていく必要があるのです。

 2.相続放棄のタイムリミット

【疑問】遺産分割協議で「相続しない」と決めたのに相続放棄できていない?

さて、よく相続についての相談で問題になるのが、相続放棄のタイムリミットについてです。前述した通り、相続放棄は相続を知った日(故人が亡くなった日)から3か月以内に手続きしなくてはいけません。

 これに対し、遺産分割協議はいつまでにしなくてはいけないという期限が決められていません。しかしながら、相続を知った日から10か月以内に相続税の申告をしないと相続税の軽減措置が受けられません。

 【疑問】遺産分割協議で「相続しない」と決めたのに相続放棄できていない?

 ということは、相続を知った日から6か月後に遺産分割協議を行い「借金については長男が相続放棄の手続きをする」と決めたところで、時すでに遅しなのです。

 この場合、借金の取り立てに合わないためには相続を知った日から3か月以内に遺産相続協議をして相続放棄もして、というようにかなり忙しいスケジュールとなります。

3.遺産分割協議のあとは相続放棄できない?

【疑問】遺産分割協議で「相続しない」と決めたのに相続放棄できていない?

もう1つ考えたいのは、遺産分割協議をしたあとに相続放棄ができるのか、という事です。前項では、単純に相続放棄には期限があるから遺産相続協議の時期は気を付けようという趣旨をお伝えしました。しかし、このような考えがあります。

「遺産分割協議をするということは、自分が相続人ということを認め借金を含む財産の承認をする(=法定単純承認)行為ではないか?」

法定単純承認とは、相続人が「相続します」と明確に宣言しない、または行方不明の場合でも、「客観的事実によって法律的に相続人が単純承認しているよね」とみなすことを指します。これは家庭裁判所でどのように捉えられるかによるのですが、実際に遺産分割協議をしたあとに相続放棄ができなかったと相談を寄せられるケースも少なくありません。

4.債権者に同意をもらった上での遺産相続協議をする

【疑問】遺産分割協議で「相続しない」と決めたのに相続放棄できていない?

では、どうすればいいのでしょうか?借金を相続しない相続人に債権者から取り立てが来ないようにするには、遺産分割協議についてあらかじめ債権者の同意を得た上で行うという方法があります。そうすれば、遺産分割協議での決定を債権者も知ることができ、他の相続人への影響が及びません。

また、相続放棄がまだできる時期なのであれば、遺産分割協議をする前に自分で相続放棄をするという方法も安全です。

 まとめ

 遺産に借金が含まれ、なおかつ相続人が複数人にわたるケースは現実的にあります。「他の兄弟(姉妹)が手続きしてくれるから」と安心せず、遺産分割協議の内容はクレジッドカード会社などの債権者には関係ないということを理解してください。