遺産分割協議で、相続財産を放棄するのと、相続放棄は何が違うのか?

遺産分割協議で、相続財産を放棄するのと、相続放棄は何が違うのか?

遺産分割協議で相続財産を放棄すれば、負債などについても責任を負わなくてよくなると考えていると、痛い目にあう可能性があります。

この記事では、遺産分割協議における相続財産の放棄と、相続放棄の違いについて解説します。

遺産分割協議で、相続財産を放棄するのと、相続放棄は何が違うのか?

1.遺産分割協議で相続財産を放棄することとは

相続人が複数いる場合、預貯金や不動産などだけでなく、借金・負債・保証債務なども含めたすべての遺産は全員の共同相続財産となります。

これらの財産を法定相続人全員の間でどのように分割を行うかについて話し合うのが、「遺産分割協議」です。取り決めが完了した際には、相続人全員の意思を明確にするためにも、「遺産分割協議書」を作成します。

遺産分割協議は、あくまで相続人間で行われるものです。そのため、相続財産の中に債務が含まれる場合には、債務者に対して負債の無効を主張することはできません。 

2.相続放棄とは

相続放棄は、家庭裁判所に相続放棄申述書を提出することで成立します。

家庭裁判所で認定が完了すると、資産も負債も相続できなくなることはもちろん、相続人としての権利を一切失い、最初から相続人でなかったことになります。ですので、子や孫が代わって相続する「代襲相続」の適用もできません。 

3.両者の違いをきちんと理解しておきましょう

相続放棄を行うと、相続人としての地位を失うことになりますが、遺産分割協議において相続財産を放棄する場合は相続人としての地位に変化はありません。債務を相続している場合には、相続放棄を行わない限り負担義務が発生する点に注意してください。

また、他の相続人が「相続放棄をする」と主張した場合は、必ず家庭裁判所へ申述書を提出してもらいましょう。

遺産分割協議にあたっては、まず相続人を確定することが必要になります。もしも遺産分割協議完了後に他に相続人がいることが判明した場合、最初からやり直さなければならなくなります。

4.遺産分割協議後の相続放棄はできない 

遺産分割協議を済ませた後に、やはり相続放棄を行いたいと思った場合、それは可能なのでしょうか。

遺産分割協議を行うイコール自分が相続人であることを認めたことになります。

相続した財産は自分のものとなりますので、相続放棄は原則できません。相続財産を一部でも処分した場合は、「法定単純承認」にあたり、相続放棄はできなくなります。

 ひとたび遺産分割協議にて財産を相続すると、相続放棄はできなくなりますので、相続放棄を行う予定の方は、前もって弁護士に相談しながら、慎重に手続きを進めることが大切です。