分割出来ない相続財産どうする?代償分割という方法が!

分割出来ない相続財産どうする?代償分割という方法が!
 遺産分割の方法には、現物分割、換価分割、代償分割という方法があります。
その中でも相続財産の状況によって「代償分割」を取る方が多くなってきております。

 今回は、代償分割とはどんなものか?選択する際の注意点などご紹介しておりますのでご覧ください。


分割出来ない相続財産どうする?代償分割という方法が!

1.遺産の分割方法の3パターン 

りんご カット
遺産分割の方法には、次の3つの方法があります。

(1)パターン1 現物分割(最も一般的な遺産分割方法) 

現物分割とは、財産の1つ1つを誰が取得するのか決める方法です。

(例)被相続人がA土地・C土地を持っており、かつB銀行とD銀行に合計1億5,000万円ある場合

遺産
相続人
A土地
長男
B銀行預金(1億円)
C土地
次男
D銀行預金(5,000万円)
上記のように、1つ1つを誰が取得するか決める方法を現物分割と呼びます。

(2)パターン2 換価分割 

換価分割とは、遺産をすべて換金し、相続人に金銭で分配する方法です。
つまり、金銭以外のすべて売却し、遺産の全てを金銭に換えて、その金銭を相続人に相続させる方法です。

≪お役立ち情報≫

不動産を売却して、金銭にする場合、不動産査定をしてから売却すると、不動産の売却価格が上がることがあります。
とくにおすすめの不動産査定会社をご紹介しますので、ご参照ください。

(3)パターン3 代償分割

特定の相続人が財産を相続する代わりに、他の相続人に金銭などを与える方法です。下記図が代償分割の例となります。
代償分割

2.どんな時に代償分割が利用されるのか?

 代償分割が利用されるのは、相続人全員が納得するような遺産分割が難しいようなケースで利用されることが多いです。
たとえば、残された遺産が土地や建物のような不動産だったとします。
仮に、法定相続分の割合で『共有』にしてしまうと、後々売却するかどうかでモメる場合もあります。そのため、相続人同士で『共有』することはオススメではありません。
このような場合に、ある相続人に不動産を相続させる代わりに、他の相続人に対してお金(代償金)を支払うという方法が利用されます。

3.代償分割の際の『遺産分割協議書』の例とは?

 
遺産分割協議書(サンプル)
 
被 相 続 人   鈴木 太郎
本   籍   ◯◯県◯◯市◯◯町◯丁目◯番◯号
生年月日    昭和29年12月15日
死亡年月日   平成20年10月10日
最後の住所    ◯◯県◯◯市◯◯町◯丁目◯番◯号
 
上記の者の相続人全員は、被相続人の遺産について協議を行った結果、次の通り分割することに同意した。
 
1.相続人 鈴木花子は次の遺産を取得する。
 
【土地】
所   在  ◯市◯町◯丁目
地   番  ◯番◯
地   目  宅地
地   積  100.00㎡ 
 
【建物】
所   在  ◯市◯町◯丁目
家屋番号   ◯番◯
種   類  木造
構   造  瓦葺2階建
床 面 積  1階  38.22㎡
       2階  40.00㎡ 
 
2.相続人 鈴木次郎は次の遺産を取得する。
 
【現金】   金5,000,000円
【預貯金】 
        ○○銀行○支店 普通預金 口座番号12345678 
        ○○銀行○支店 普通預金 口座番号98765432 
 
3.鈴木花子は、第1項記載の遺産を取得する代償として、鈴木三郎に平成◯年◯月◯日 までに、金8,000,000円を支払う。
 
4.本協議書に記載のない遺産及び後日判明した遺産については、相続人鈴木次郎がこれを取得する。
 
以上のとおり、相続人全員による遺産分割協議が成立したので、本協議書を何通作成し、署名押印のうえ、各自1通ずつ所持する。
 
  平成◯年◯月◯日  
 
【相続人鈴木花子の署名押印】   
住所                  
氏名         実印      
 
【相続人鈴木次郎の署名押印】   
住所                   
氏名         実印      
 
【相続人鈴木三郎の署名押印】   
住所                  
氏名         実印      

4.代償分割は贈与税が発生するのか?

代償分割は基本的に、相続税の対象となります。よって本来は贈与税が発生することはありません。
しかし、遺産分割協議書の中で代償分割について記載しなければ、代償金の支払いが単なる贈与であるとされ、贈与税を課税されることがあります。
つまり、代償金の支払いに対して贈与税が課税されるのを避けるためには、遺産分割協議書に「代償として支払う」ということを明確にしなければなりません。

5.代償分割における相続税の計算方法は?

(1)相続人甲が、相続により土地(相続税評価額4,000万円、代償分割時の時価5,000万円)を取得する代わりに、相続人乙に対し現金2,000万円を支払った場合。

① 甲の課税価格
4,000万円-2,000万円=2,000万円

② 乙の課税価格
2,000万円

(2)ただし、代償財産(現金2,000万円)の額が、相続財産である土地の代償分割時の時価5,000万円を基に決定された場合には、甲及び乙の課税価格はそれぞれ以下のように計算します。

① 甲の課税価格
4,000万円-{2,000万円×(4,000万円÷5,000万円)}=2,400万円

② 乙の課税価格
2,000万円×(4,000万円÷5,000万円)=1,600万円

 よって、甲は2,400万円、乙は1,600万円の相続財産を取得したものとして相続税の計算が行われることとなります。

相続税評価額と時価の違いは、非常に難しいため、今回は割愛させて頂きますが、遺産分割協議書を作成しておけば相続税の対象になることを覚えておいて下さい。

※ 上記は国税庁のサイトを参照しております。

6.代償分割の3つの注意点

(1)代償分割は現金でなくても大丈夫です。
 代償分割は、現金が多いですが、相続人同士で合意があれば、土地や権利でも問題はありません。
(2)遺産分割協議書に、必ず代償分割の内容を記載してください。
 記載しなければ、贈与税の対象となってしまいます。
(3)代償財産が不動産である場合には、不動産取得税や、登録免許税が発生します。

7.代償分割は分割払いできるのか?

 代償金の分割払いを認めるかは相手の方次第です。
一般的に遺産分割協議書で分割する旨を明記し、それに従って分割払いをしているのであれば、贈与とみなされることはありません。
基本的に相手が認めてくれれば問題ないです。

まとめ

代償分割についてご理解頂けたでしょうか?
相続財産が不動産のみの場合には、実務でもよく出てくる論点となります。
相続財産が不動産ばかりの方は是非覚えておいて良いかもしれませんね。