父の仕事等を手伝ったら相続分が増える?寄与分とは?

父の仕事等を手伝ったら相続分が増える?寄与分とは?

 被相続人(財産を残して亡くなった方)の財産の維持・増加に貢献した相続人は、相続分(法律で定められた相続割合)にプラスして財産を取得することができる可能性があることをご存知でしょうか?プラスで相続財産をもらえる部分を『寄与分』と呼びます。 今回は『寄与分』について簡単に詳しくご説明させて頂きますので、興味のある方はご覧ください。


父の仕事等を手伝ったら相続分が増える?寄与分とは?

1.寄与分とは? 

お金 支払う
 相続人の中で、被相続人(財産を残して亡くなった方)の行っていた商売等を手伝っていた方で、被相続人の財産の維持・増加に貢献した相続人には相続分にプラスして相続財産を取得することが認められております。
このプラスに相続させる部分の財産を寄与分と呼びます。

 寄与分の注意点としては、寄与分の対象者となるのはあくまで相続人のみということです。

相続人の配偶者などは、対象となりませんのでご注意ください。

寄与分の例としては、

個人事業を営む父A

父Aには長男Bと次男Cの子供がいます。

長男BはAと一緒に事業を頑張り、父の財産増加に貢献しました。

次男Cはサラリーマンで父Aの仕事とは関係ない仕事をしておりました。

このような場合、相続分通りに分けると不公平だと思いませんか?

このような事情を考慮して、貢献してきた長男Aに相続分以上の財産を渡してあげましょうという制度を『寄与分』と呼びます。
寄与分を理解するには、遺留分も必要な知識となりますので、次に遺留分についてご説明致します。

2.遺留分について

(1)遺留分とは?

 遺留分とは相続人(相続する人)が最低限相続できる財産割合のことをいいます。

基本は、被相続人(相続財産を残して亡くなった人)の意思を尊重するため、遺言書の内容が優先されます。
では、遺言書に、「全ての財産を愛人に渡す」と書いてあった場合には本当に全てを愛人に相続させることとなるのでしょうか?

もし全てを愛人が相続することになった場合、被相続人(相続財産を残して亡くなった人)の財産に依存していた子供や配偶者にとっては、生活することが大変となり、残された遺族は非常に気の毒な状況となります。

そこで最低限相続できる財産を保証することを民法では規定しております。この最低限相続できる財産割合のことを『遺留分』と呼びます。

(2)遺留分が保証されている人は誰か?

遺留分が保証されている人は、配偶者、子供、父母です。法定相続人の第3順位である兄弟は、遺留分を保証されていません。

法定相続人の内容については、こちらでご説明しておりますので、参考にしてみてください。

(3)遺留分の計算方法は?

①法定相続人が直系尊属(両親など)だけの場合

相続財産の3分の1

②①以外(法定相続人が配偶者のみ・子供のみ・配偶者と子供・配偶者と親)の場合

相続財産の2分の1

仮に子供が2人いた場合には、相続財産に1/2した額が2人でもらえる合計で、各自の遺留分は2人いるためさらに1/2します。

※各自の遺留分は、全体の遺留分に各自の法定相続分を乗じて算出します。

遺留分についてご理解頂けたでしょうか?ではここから、遺留分と寄与分が存在する場合いくらを相続財産として取得できるかをご説明致します。

3.寄与分はいくらになるのか?

はなしあう

 寄与分は、相続財産を相続する人(相続人)の協議で定めるのが原則です。

しかし、遺産分割協議で話し合いがまとまらない場合には、家庭裁判所が、寄与者の請求により、さまざまな事情を考慮して、寄与分を審判で定めます。

 そのため、いくら貰えるかは、遺産分割協議で、頑張った分を他の相続人が認めてくれてれば、話し合いで決まった金額が相続財産として取得できます。

 しかし、話し合いでまとまらなければ、家庭裁判所で決定された金額となりますので、いくら貰えるかは人それぞれ異なるでしょう。

※審判とは、裁判官が、当事者から提出された書類や家庭裁判所調査官の行った調査の結果等、さまざまな資料に基づいて判断を決定する手続のことをいいます。

【例】相続人の子供がA・B・Cの3人いました。

Aは被相続人(父)の事業を手伝い相続財産の増加に大きく貢献しました。

父が死亡後に、子供A・B・Cで遺産分割協議を行い

A が3/4 、 BとC が1/8ずつ

分けることで確定しました。遺産分割協議で解決したらこれで貰える財産は確定です。

 もしBとCが、相続分欲しいと訴えてきたら、家庭裁判所で争うこととなります。

ここまできたらAは、相続分しか貰えない可能性もありますし、裁判官に認められれば3/4を取得することが認められる可能性もあります。

4.寄与分を認めてもらうのは難しい

 実際に実務上は、『寄与分』が家庭裁判所で認められるのは難しいと言われております。

 裁判官は、『相続分』通りに分けるように判決を出すことが多く、なかなか寄与分が認めれらにくいと言われております。

もちろん弁護士の腕によって勝敗は異なる可能性はありますが。

 寄与分が認められるのは、財産を増やした実績が重要になるでしょう。

被相続人の財産を大幅に増やした功績が認められれば寄与分は期待が出来るかもしれませんが、老後の世話(介護)をした等の理由ではなかなか寄与分がもらうのは難しいでしょう。

 家庭裁判所では、親を介護するのは当たり前と言われてしまうケースが多いようです。

まとめ

 寄与分についてご理解頂けたでしょうか?寄与分は実際にいくら貰えるかどうかは難しいところです。
実際に、裁判で争うことになれば、親族の間で今後溝が埋まることはないと考えられますので、出来れば円満に解決するように、遺産分割協議の中でいくらをもらうかは決めるのが理想ではないでしょうか?
記事の中で出てくる言葉のご紹介を下記サイトでしておきますので、正確に理解出来ていない方はご参照ください。