ペット好き必見!自分の死後も世話をしてくれる「ペットのための信託」

ペット好き必見!自分の死後も世話をしてくれる「ペットのための信託」

ペットのための信託をご存じでしょうか?今回はペットのための信託を簡単にご説明致します。

ペット好き必見!自分の死後も世話をしてくれる「ペットのための信託」

1.ペットのための信託とは?

犬 散歩

ペットと一緒に生活してきたあなたが自分の死亡後にペットが行き場を無くすリスクに備えて、ペットの飼育を任せられる人を決め、その方にペットの飼育費用分の対価を支払う仕組みです。2013年に商標登録されたばかりで、手続きについては、信託法に基づいて行われることとなっております。

例えば、犬3匹を飼っていた80歳の母Aはペットのための信託を行いました。女性には相続人となる子供(長女B、次女C)2人おり、ペットのための信託を使えば相続財産と分けておくことができると考えました。3匹を飼うのに月平均で約1万円かかります。長女Bが飼ってくれると決まってはいましたが、月に1万円を支出するのは少し大変になります。母Aは、長女Bがペットを飼ってくれることにはなっているが、金銭的に少しでも負担を軽くしてあげたいと思い信託に加入しました。

 母Aが死亡するか、又は、入院して実質的に飼うことができなった場合には信託が開始し、犬3匹は長女Bのもとへ行きます。長女には月々の飼育費用が信託口座から支払われるという仕組みがペットのための信託の仕組みです。

ペットのための信託を行うことで飼育費用を受取ることができるのでペットとの生活が保障されるという仕組みです。

2.ペットのための信託に必要なこととは?

(1)管理会社を作成する

まず飼い主を代表にした管理会社(一般的には合同会社)を設立する必要があります。なぜ会社を設立しなければならないかというと、会社を設立することで、個人が所有していた財産を会社へ移行することができるので、相続財産から切り離すことができるからです。会社にすることで相続税が発生しないため、ペットに残しておきたいお金を確実に新しい飼育者に渡すことができます。

(2)個人の財産を管理会社へ

ペットに残しておきたい財産を前もって管理会社に移してください。

ここでの注意点は、会社を設立しなければなりませんので、司法書士さんに協力してもらいましょう。

(3)遺言書を作成する

現在の飼い主であるあなたは、次の飼い主を受益者とする遺言書を作成する必要があります。ペットのための信託契約書を受益者と締結することで、遺産を飼育費として相続することが可能です。

遺言の関連記事を添付しておきます。ご参照ください。

遺言書でモメてしまう具体例と解決策のすべて

公正証書遺言を作らなければ絶対に後悔します!

(4)ペットの飼育状況を監督してもらう

弁護士や行政書士がなどの信託監督人となり、管理会社に移された財産の管理や、新しい飼い主によるペットの飼育状況を監督してもらえます。

3.ペットのための信託を利用することでリスク回避が可能?

メリット・デメリット

ペットのための信託を利用することでリスクを回避することができるか否かは、比較すると理解がスムーズになります。

(1)ペットのための信託を利用しない場合(負担付遺贈を利用)

ペットの飼育を条件に相続財産を相続させる負担付遺贈というが仕組みがあります。簡単に説明すると、ペットの飼育をしてくれるなか、相続財産を譲りますよ!という遺言書を作成することです。

遺言書に記すだけでは相続争いに巻き込まれ、ペットのために遺産が使われない可能性もあります。そのため、今までの飼い主は、相続財産をペットのために使ってくれるならあなたに相続財産を渡します!という遺言を作成したとしても、相続争いに破れその約束を果たしてもらえず、ペットにお金が利用されない可能性も存在しております。

(2)ペットのための信託を利用した場合

ペットのための信託を利用することで、相続財産とは別にお金を管理することが出来ます。そのため、相続の争いに巻き込まれることがないため、確実にペットのために財産を残すことができるでしょう。

4.ペットのための信託を行うために必要となる経費とは?

  • 飼育代(ペットの種類によって異なります)
  • ペットのための信託契約費用
  • 契約書作成の手数料
  • 遺言書作成費用
  • 合同会社設立費用
  • 合同会社運営費

など

上記の項目の経費がかかります。

ペットの種類が何かによっても大きな差が出てくるので一概にいくらです!とお伝えしにくいのですが、初年度は最低でも50万円はかかるでしょう。さらに、2年目以降も飼育代や会社の運営費が必要になるので、ペットのための信託を契約できる方は裕福な方でなければ出来ないのが実情になっております。

5.ペットのための信託を行うことができる信託銀行とは?

三井住友信託銀行で、このペットのための信託を契約することが出来るようです。まだ新しい法律ですので、一度電話してから詳しい方に予約を取ってから訪問されることをオススメしております。

まとめ

ペットのための信託をご理解頂けたでしょうか?お金に余裕があり、ペットのために何かしたいという方はペットのための信託を利用すると良いのではないでしょうか?契約したいと思われた方は、信託銀行を訪ねてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】