相続税の税率が改正されました!【平成27年改正】

相続税の税率が改正されました!【平成27年改正】

相続税の税率が平成27年に改正され、増税されたのをご存知ですか?

この改正により、多くの財産を保有している方は、増税となりました。どれくらい増税になったかを下記の記事で参照してください。


相続税の税率が改正されました!【平成27年改正】

1.相続税の税率は改正でどう変わったか?

各法定相続人の取得金額が2億円以下までは変更がありませんが、

2億超~3億以下が、改正前では、40% 改正後では、45%

6億円超は、改正前では、50% 改正後では、55%

に改正されました。

今までは、6段階の税率でしたが、8段階の税率に変更し、増税になっております。

税率 改正

 国税庁HP を参照しております。

 2.改正後の相続税率が適用されるのはいつからか?

平成27年の1月1日以降から適用されます。

 3.相続税がいくらになるのか暫定で計算してみよう!

下記の国税庁のHPに、

・正味の遺産額から基礎控除額を差し引いた残額

・相続人である子供の数

を入力すると暫定で相続税がいくらになるか計算できるツールがありますので何も対策をしなければ、いくらの相続税が発生するのかを計算してみてください。

国税庁HP

4.お金持ちに対して増税となったが、生前にどんな対策をすべきか?

生前の対策は下記の記事に詳しく記載しておりますので、ご参照ください。

1.相続税の節税対策の代表例とは?
  (1) 毎年110万円の生前贈与で相続税の節税対策
  (2) 生命保険金を利用した相続税対策「非課税枠の活用」
  (3) 配偶者への贈与で相続税の節税対策!
  (4) 養子縁組による相続税の節税対策
  (5) 『小規模宅地の特例』を利用して節税対策
  (6) 不動産を利用した節税対策
  (7) 相続税対策のために会社を設立する方法とは?
  (8) 相続税対策のために、会社をつくる場合のポイントとは?
2.相続税の納税準備対策とは?
  (1) 納税資金をすぐに調達できる
  (2) 土地を活用して土地の評価額を減らし、賃貸収入を得る
3.二次相続対策とは?
  (1) 二次相続とは?
  (2) 二次相続対策はなぜ必要か
  (3) 二次相続対策の3つの具体例
4.争いを避けるための対策

 まとめ

相続税の税率の改正によって、お金持ちの方は、増税となっております。今後も、お金持ちの方に対して増税されていく傾向は続くと予想されますので、生前に出来るだけ対策をとっておくことをオススメします。

【お得情報】

5年以内に相続税を納付したことがある方は、相続税の還付の受けることができる可能性があります。

1,000万円以上還付となる方もおりますので、納付したことがある方は、下記サイトをご参照ください。

支払った相続税が戻ってくる!?相続税還付は平均1,200万円!