2015年の相続税の税率は?

2015年の相続税の税率は?

相続税は、平成27年1月に改正があり、相続税の税率が変更となりました!
2015年の相続税の税率がいくらになったかを確認しておきましょう。

2015年の相続税の税率は?

1.2015年の相続税の税率は?

2015年の相続税の税率は以下の通りです。

【平成27年1月1日以後の場合】相続税の速算表
法定相続分に応ずる取得金額
税率
控除額
1,000万円以下
10%
3,000万円以下
15%
50万円
5,000万円以下
20%
200万円
1億円以下
30%
700万円
2億円以下
40%
1,700万円
3億円以下
45%
2,700万円
6億円以下
50%
4,200万円
6億円超
55%
7,200万円

 国税庁HP を参照しております。

2.2015年の相続税の改正で、税率は増税された?

各法定相続人の取得金額が2億円以下までは変更がありませんが、

2億超~3億以下が、改正前では、40% 改正後では、45%

6億円超は、改正前では、50% 改正後では、55%

に改正されました。

多くの財産を保有している方を対象に増税となりました。

今までは、6段階の税率でしたが、8段階の税率に変更し、増税になっております。

税率 改正

 国税庁HP を参照しております。

3.改正後の相続税率が適用されるのはいつからか?

平成27年の1月1日以降から適用されます。

4.相続税の税率の推移とは?

税率

国税庁HP を参照しております。

 現在の相続税の税率は、過去最高となっております。

5.例を使って解説!何も対策しないと相続税はいくらになるのか?

講義を聞く

 財産総額や、相続人が何人いるかなどで、相続税の金額は大きく変わります。事例で解説しますので、あなたの状況に近いものをみて、どれくらいの税金が発生するのかを把握してください。相続開始日が2014年12月31日以前か、2015年1月1日以降かで税額が異なりますので、2015年1月1以降に相続開始を前提にと説明致します。

(1)相続財産が5,000万円だった場合で配偶者がいる場合

配偶者がいる場合には、配偶者の取得割合によって、相続税の納税額が変わります。

①パターン1

相続財産5,000万円

配偶者1人

相続人(子供)1人

配偶者の相続財産取得割合50%

パターン1の場合の相続税の合計は、35万円

 

②パターン2

相続財産5,000万円

配偶者1人

相続人(子供)1人

配偶者の相続財産取得割合30%

パターン2の場合の相続税の合計は、49万円

 

③パターン3

相続財産5,000万円

配偶者1人

相続人(子供)1人

配偶者の相続財産取得割合10%

パターン3の場合の相続税の合計は、63万円

 

【ポイント】

相続人として、配偶者がいる場合には、配偶者の取得割合によって、相続税の金額が異なります。これは、配偶者は優遇されているため、配偶者の取得割合が多い場合には、相続税が少なくなります。配偶者の優遇規定である配偶者の税額軽減の詳しい内容は割愛させて頂きます。

詳しくは、配偶者の税額軽減で相続時1億6千万円までの財産は無税に!をご参照ください。

【注意点】

上記だけを見ると、配偶者にたくさん渡したほうがよい!と判断しがちですが、2次相続まで検討した場合には、配偶者にたくさん残さないほうが得なケースもありますので、一回目の相続だけで判断しない方がよいでしょう。

(2)相続財産が5,000万円だった場合で配偶者がいない場合

①パターン1

相続財産5,000万円

配偶者なし

相続人(子供)1人

パターン1の場合の相続税の合計は、160万円

 

②パターン2

相続財産5,000万円

配偶者なし

相続人(子供)2人

パターン2の場合の相続税の合計は、80万円

 

③パターン3

相続財産5,000万円

配偶者なし

相続人(子供)3人

パターン3の場合の相続税の合計は、20万円

 

【ポイント】

相続人が増加すれば、基礎控除が増加するため、相続税が減少致します。

【注意点】

相続人の数を間違えていると、納税額が変動してきますので、お気をつけ下さい。相続人についての詳細は、

5分でわかる!相続する人(相続人)って誰?をご覧ください。

(3)相続財産が10,000万円だった場合で配偶者がいない場合

①パターン1

相続財産10,000万円

配偶者なし

相続人(子供)1人

パターン1の場合の相続税の合計は、1,220万円

②パターン2

相続財産10,000万円

配偶者なし

相続人(子供)2人

パターン2の場合の相続税の合計は、770万円

③パターン3

相続財産10,000万円

配偶者なし

相続人(子供)3人

パターン3の場合の相続税の合計は、630万円

【ポイント】

配偶者がいない場合には、対策を取らなければ相続税の金額が過大となります。

※事例では、相続財産が何なのかを説明しませんでしたが、財産が不動産や保険の場合、相続税の金額が変わってきます。あくまで対策を取らなかった場合の目安の相続税だとお考えください。

まとめ

相続税の税率は、2015年現在で、過去最高の税率となっております。多くの相続税を取られないようにするためにも、相続税の対策が必要になるでしょう。

相続税の対策につきましては、

相続税や贈与税を節税する時に絶対に知っておくべき11の方法

贈与税の対策につきましては、

6つの贈与税の節税対策方法とは?

を参照ください。

弊社では、お客様にあった相続税専門の税理士をご紹介しております。