結婚をしていない男女間に生まれた子(非嫡出子)の相続は?

結婚をしていない男女間に生まれた子(非嫡出子)の相続は?

結婚をしていない男女の間に生まれた子ども(非嫡出子)の相続時に発生する問題をご存知でしょうか?
簡単な例を出せば、愛人との間に生まれた子どもは、相続出来るのでしょうか?
今回は、非嫡出子(ひちゃくしゅつし)の相続時に発生する論点を簡単にご紹介させて頂きます。


結婚をしていない男女間に生まれた子(非嫡出子)の相続は?

1.非嫡出子の相続とは

認知されるかされないかでの扱いの違い

非嫡出子(結婚していない男女の間に生まれた子ども)の相続では考え方が『認知されている場合』と『認知されていない場合』の2パターンに分かれます。

(1)認知されている場合・・・相続する権利があります。

(2)認知されていない場合・・・相続する権利がありません。

2.認知とは?

認知は、男性が行う行為です。

女性は、自分で子供を産んでいることから、自分の子に間違えはありませんが、男性の場合には、自分の子でない可能性があるためです。
女性が子どもを産んだとき、結婚中ではその子どもは嫡出子(実子)として、父母がきちんと戸籍にのります。
しかし、結婚していない女性が子供を産んだ場合には、その子供は非嫡出子(結婚していない男女の間に生まれた子ども)となります。
母は子どもを産んだ事実から戸籍にのることとなりますが、父は誰かが推定できないため、空欄になります。父が『認知』をおこなうことで、戸籍に父の名前が載ります。
要するに父が認知しなければ、戸籍上父がいないということになります。

結婚している男女の子と未婚の男女の子の違い

(例)鈴木正男と愛人の佐藤和子の間に子ども(佐藤きらら)が産まれた場合

認知前、認知後の戸籍の違い

 

3.認知するために必要なこととは?

認知届の提出先

認知をするには、「認知届」を子供の本籍地又は住所地の市役所に提出しなければなりません。
父として認知をするのが未成年だったとしても、親の同意を受けずして届出をすることが可能です。
結婚は、未成年の場合、親の同意が必要ですが、認知は親の同意は不要です。

4.認知するための提出書類とは?

  • 認知届
  • 父、子の戸籍謄本各1部(本籍地以外で出す場合のみ必要となります。)
  • 届出人の印鑑(シャチハタは認められませんのでご注意ください。)
  • 届出人の身分証明書

5.認知するための書類を提出する方は?

提出する方(届出人)は、認知する父親(母親の同意が必要)

6.認知方法の3パターンとは?

認知のパターン

認知方法には以下の3つのパターンがあります。

(1)任意認知

任意認知とは、父が子を自分の子供であると認めて、認知をすることです。 一番一般的な認知です。

(2)裁判認知

裁判認知とは、裁判を行い、父を決定することです。
これは、弁護士さんがいなければ何も決めることが出来ないので、お近くの弁護士さんと相談することをオススメ致します。

(3)遺言認知

遺言認知とは、遺言で認知をすることです。遺言執行者が10日以内に届出をすることになっています。 
※ 遺言認知は、生きている時には、本妻とモメる可能性があるので、愛人の子を認知しませんが、自分が死んだらモメることもないので、遺言で認知することがあります。

7.認知された非嫡出子は相続人(亡くなった人から財産を取得する権利を有する人)になるのか?

相続人の決め方は以下の方法で決めます。

(1)被相続人の配偶者は常に相続人となります。 

例えば、夫が亡くなった場合には妻が必ず相続人となります。妻が亡くなった場合には夫が必ず相続人となります。
つまり、被相続人に配偶者がいる場合は、配偶者と次に説明する「順位の高い相続人」で財産を分けることになります。
※注意点としては、戸籍上、入籍していることが要件です。よって、内縁の妻や離婚した前の妻は相続人にはなりません。  

(2)配偶者以外の相続人は以下の順位によって決まります。

相続関係図(非嫡出子の位置)

第1順位


死亡した人の子供(認知された非嫡出子も含む
その子供が既に死亡しているときは、その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人となります。
子供も孫もいるときは、死亡した人により近い世代である子供の方を優先します。
子供がすでに死亡しており、孫がいる場合には、孫が相続します。(これを代襲相続と呼びます。
代襲相続については「代襲相続って何?代襲相続の基礎知識」で詳しく説明していますのでご覧ください。)

第2順位


死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)
第1順位の人がいないときは第2順位の方が相続人となります。
第1順位の方がいる場合には、第2順位の方は相続人にはなりません。
父母も祖父母もいる場合は、死亡した人により近い世代である父母の方を優先します。

第3順位


 死亡した人の兄弟姉妹
第1順位の人も第2順位の人もいないとき第3順位の方が相続人となります。
第1順位、第2順位の方がいる場合には、第3順位の方は相続人にはなりません。
 その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子供(甥っ子、姪っ子)が相続人となります。(これも代襲相続にあたります。)

※第3順位の代襲(下の世代に引き継ぐこと)は1度のみとなるため、甥っ子、姪っ子に子供がいた場合でも代襲はされません。 

注意点としては、相続を放棄した人は初めから相続人でなかったものとされます。
※ 相続放棄についての詳しい内容は「相続放棄しないと親の借金が自分の借金になってしまうかも?」をご覧ください。

相続人についての詳細は、5分でわかる!相続する人(相続人)って誰?をご参照ください。

8.非嫡出子の相続分(財産をもらう権利)はどれだけあるか?

相続人と相続分の関係図

相続分は以下の通り法律で決まっております。

(1)配偶者のみで第1~3順位まで誰もいない場合

配偶者がすべて取得します。

(2)配偶者と第1順位(子または孫)

配偶者が2分の1、第1順位(子または孫)の方が2分の1
配偶者がいない場合、第1順位の方がすべて取得します。
※もし、『配偶者』と『認知された非嫡出子』しかいなければ、非嫡出子は2分の1が相続分となります。

※平成25年9月4日以降に開始した相続では、嫡出子も非嫡出子ももらう権利がある金額は同額です!
それ以前は、非嫡出子は、嫡出子の半分でした。

(3)配偶者と第2順位(父・母) 

配偶者が3分の2、第2順位(父・母)の方が3分の1
配偶者がいない場合は、第2順位(父・母)の方がすべて取得します。

(4)配偶者と第3順位(兄弟姉妹)

配偶者が4分の3、第3順位(兄弟姉妹)の方が4分の1
配偶者がいない場合は、第3順位(兄弟姉妹)の方がすべて取得します。

相続分の詳細は、相続分を知らないと本来の取り分が貰えない可能性も!?をご参照ください。

まとめ

非嫡出子(例:愛人の子)は、相続することが出来ないと決めつけている方も多いと思いますが、認知さえしてもらっておけば相続することが出来るのです。
認知するか否かで状況が大きく変わってしまうことを覚えておくことは大事かもしれませんね。