仏壇を処分する時はどうすれば良いの?

仏壇を処分する時はどうすれば良いの?

昔の仏壇は非常に大きく、大切なものではありますが、小さいものを購入し、今までの仏壇を処分したいと考えたことはありませんか?
買い替えの場合には、買い換えるお店の方に先導してもらえばスムーズに処分できますが、買い替えでない場合には、今回の記事を参考にしてください。

今回の記事では、仏壇を処分するために必要な知識をお伝えします。

仏壇を処分する時はどうすれば良いの?

 0.仏壇を処分する前のチェックポイント

診察 チェック

(1)開眼法要(かいげんほうよう)は行われているのかをチェック

開眼法要とは、『魂入れ』や『入魂式』などと呼ばれ、仏壇、お墓などを作った際に行われる法要です。

亡くなった方の魂は、仏壇やお墓に自然と宿ると考えられますが、その亡くなった方の魂を呼び覚ます意味合いで開眼を行うと言われております。

開眼法要が行われている場合には、亡くなった方の魂が納められた仏壇やお墓が存在します。一般的には、新しい仏壇、お墓を作る際に行われます。
浄土真宗では原則として行われていないようです。

(2)開眼法要を行っている場合の注意点

開眼法要を行っている仏壇やお墓を処分する場合には、閉眼法要(へいげんほうよう)を行う必要があります。
閉眼法要とは、『魂抜き』と呼ばれ、魂を抜くために行われる法要です。閉眼法要を行うことで、仏壇やお墓は、ただのものに戻ると考えられております。
閉眼法要は、近くのお寺にご依頼すれば簡単に行うことができます。 

1、仏壇の処分方法とは?

引取

今回は、仏壇の処分方法を3つご紹介致します。正しく処分しなければ、トラブルになることもありますので、仏壇を処分する際は、適切な方法で行って下さい。

(1)仏壇を買い替えするお店で引き取ってもらう

仏壇を販売しているお店では、基本的にどこのお店でも、新しい仏壇を購入してもらうかわりに古い仏壇を引き取ってもらえます。
そのため、買い替えの場合には、仏壇を購入するお店で処分する際に必要なことをすべて行ってもらうとよいでしょう。
どこのお店でも買い替えの場合には、処分までしてくれますが、念のため、お店に確認してから買い替えしてください。

(2)粗大ごみとして処分する

仏壇は粗大ごみとして処分することも可能です。

ネットで『粗大ごみ 自治体の名前』で検索すれば、粗大ごみの出し方が書いてあるサイトがありますので、こちらで検索して頂き、ごみを出しましょう。

粗大ごみを出す際は、指定の場所に運ばなければなりません。大きな仏壇であれば運ぶのが大変ですので、粗大ごみを出す際に、引き取りをしてもらえるか確認してみると良いかと思います。
もし引き取りまでしてもらえるのであれば、安く処分できるのではないでしょうか。

(3)ごみ回収業者に処分してもらう

粗大ごみとして出すためには、所定の場所まで運ばなければならないケースがほとんどなので、もし所定の場所へ運べないのであれば、ごみ回収業者に処分してもらうしかないでしょう。粗大ごみを出すよりも金額が高くなってしまうかと思います。 

2.仏壇処分にかかる費用はいくら?

買い替えを検討しているのであれば、購入予定のお店で引き取ってくれることがほとんどなので、無料で処分することが可能でしょう。
最近は、大きな仏壇を処分し、小さい仏壇に買い換える方も多いようです。

買い替えを予定していないのであれば、基本的にお店に引き取ってもらえないかと思いますので、一番安いのは粗大ごみに出すことでしょう。
粗大ごみの業者に確認し、処分できるのであれば、お願いすると安く処分できるでしょう。

一番処分にお金がかかるのが、ごみ回収業者に頼むことでしょう。大きさによって異なりますが、処分代は15,000円から50,000円程度になるでしょう。 

3.仏壇を処分する際の魂抜きとは?

魂

仏壇を処分する際には、魂抜き(閉眼法要)を行わなければなりません。魂抜きは一般的に、お世話になっているお寺にお願いすることが多いです。
最近では、お世話になっているお寺がないという方もいらっしゃると思いますが、そのような方は、家の近くのお寺にお願いすると良いでしょう。

魂抜きのために仏壇の前でお経を唱えてもらい、仏壇から魂を抜く作業が行われます。
魂抜きは、宗派によって、供物を用意するなどの決まりごとがあります。
そのためお寺に相談の上決めると良いのではないでしょうか。

4.魂抜きをお寺に頼んだ際のお布施の相場は?

 お寺の方に直接相場を聞くとよいでしょう。大体これくらいが多いです!と教えてくれるはずです。

5.仏壇を処分する際に位牌も処分するにはどうすれば良いのか?

位牌(いはい)とは、死者の名前が書かれた木の札のことですが、位牌の処分は、お寺に依頼すると良いのではないでしょうか。
お寺に持って行くと焼いて処分されるようです。
その際に5千円から1万円程度の寄付をする方も多いようですが、寄付をしない方もいるようです。 

まとめ

仏壇の処分の仕方をご理解頂けたでしょうか?買い替えであれば、買い替えをするお店に全て任せれば良いのですが、そうでない場合には、少し手間がかかります。
宗派によっても多少違う部分がありますので、不安な方は、お世話になっているお寺に相談の上処分すると安心して処分できるのではないでしょうか。

【関連記事】
仏壇を処分した後に購入を検討している方は、

仏壇の移動(引っ越し)を検討している方は、

をご参照ください。