相続放棄の期限が過ぎてしまった場合の対処法とは?

相続放棄の期限が過ぎてしまった場合の対処法とは?

相続放棄の手続きには、期限があり、相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内に手続きをしなければなりません。しかし、この期間を過ぎてしまった場合には、相続放棄が出来ないのでしょうか?


相続放棄の期限が過ぎてしまった場合の対処法とは?

1.相続放棄をするまでの期限とは? 

砂時計

相続放棄の期限は、原則として相続人が、相続があったことを知った日から3ヶ月以内に手続きをしなければなりません。
このルールを知らない方が多いため、期限が過ぎてしまった方は、「相続放棄について知らなかったから、3ヶ月経過後でも手続きしたい!」という方がおられます。
しかし、相続放棄の期限を知っている方も、知らなかったという方は、いずれにせよ、期限は『相続があったことを知った日から3ヶ月以内』です。

※上記の原文

民法

第915条 〔承認・放棄の期間〕
相続人は、自己のために相続の開始があつたことを知つた時から3箇月以内に、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。

2.相続放棄で期限切れとなってしまった場合の取り扱いとは?

相続放棄の期限が3ヶ月以内ということを知っていた場合も、知らなかった場合にも、期限が切れてしまった場合には、原則として、すべての相続財産を相続人であるあなたが相続しなくてはなりません。

例えば、父が亡くなったとします。その父は、資産はほとんどなく、1億円の借金を残して亡くなりました。もし、相続放棄の期限が切れてしまった場合には、この借金はすべて相続人が引き継がなければならなくなります。

相続放棄さえしておけば、借金を引き継ぐことはなかったにも関わらず、相続放棄しないことで、原則としては、借金を引き継がなければならないのです。

3.相続放棄の期限が切れていても、相続放棄が認められる条件

嬉しい男性

相続放棄は、『相当の理由』があれば、期限が切れた後でも相続放棄を行うことができるという考え方があります。それは、裁判を行って、『相当の理由』があれば、3ヶ月を経過後でも相続放棄することが認められることがあります。

『相当の理由』とは、死亡した方の遺産状況(資産や負債がどれだけあるのか)を知った時から3ヶ月を経過していないことです。

これ以外にも、相当の理由はいくつかありますが、遺産状況を知ってから3ヶ月以内ということを立証することが出来れば、3ヶ月を経過した後でも相続放棄できるケースが実務上あります。

3ヶ月を経過した後の相続放棄手続きは、相続放棄で実績のある弁護士の先生や司法書士の先生にお願いして手続きしてもらうことをオススメします。

注意点としては、原則的には3か月以内が期限ですので、優秀で実績のある弁護士の先生や司法書士の先生でも不可能なケースもあります。

多くのサイトでは、期限を過ぎていても大丈夫と、集客するために記載しているケースが多いですが、実際には不可能なケースも多いのが実情になっております。

つまり、3か月の期限が過ぎていても、全く問題ない!とは考えないようにしましょう。

【即時抗告を行って、期限後に相続放棄が認められた事例】

Aさんの祖父が死亡しました。

Aさんの祖父は遺言書を残していたため、その遺言通りにAさんは相続財産の一部を相続することとなりました。

Aさんのもとに後日、財産目録が送られてきました。祖父には多額の借金があったため、その多額の借金の一部まで相続することになってしまったのです。

その借金を相続したくなかったので、3ヶ月の期限は経過していたのですが、地方裁判所に相続放棄を求めましたが、相続放棄は認められませんでした。

地方裁判所には、相続放棄を認められなかったのですが、相続放棄したいので、なんとかならないか?というご相談でした。

この時、既に、相続放棄を行うことができる期限は経過してしまっており、地裁は相続放棄を認めませんでしたが、高等裁判所に即時抗告を行った結果、相続放棄が認められました。

※即時抗告(そくじこうこく)とは?

裁判所HP参照

4.『相当な理由』があれば相続放棄が期限後でも認められる理由とは?

『相当な理由』とは、死亡した方の遺産状況(資産や負債がどれだけあるのか)を知った時から3ヶ月を経過していない場合です。
なぜ期限が過ぎた後でも相続放棄を行うことが認められているのでしょうか?

それは、遺産状況として、資産や負債がどれくらいあるのか知らなかったのであれば、相続放棄を検討できるはずがないでしょう。

検討できないのであれば、相続放棄をできない相当の理由として裁判所に認められやすくなります。

よって、『死亡した方の遺産状況(資産や負債がどれだけあるのか)を知った時から3ヶ月を経過していない』という要件を満たせば、期限後であっても、相続放棄を認めてもらえる可能性は高いです。
同居していた方がなくなった場合に、遺産状況を把握できなかったから、3ヵ月が経過した後でも相続放棄できますよね?と聞かれることがありますが、同居している場合には、相当な理由として認められない可能性が高いのでご注意ください。

5.相続放棄における注意点

(1)注意点1 期限は忘れずに!

専門家に頼めば、相続放棄の期限が過ぎていても、相続放棄できることもありますが、期限後に、確実に相続放棄できるわけではありません。そのため、3ヶ月以内という期限は必ず覚えておきましょう。

(2)注意点2 債務通知が届いたら絶対に放置しないこと!

債務に関する通知が届くことがありますが、この通知を、放置する方がおられます。見慣れない通知が来たら見ずに放置する方は多いようですが、放置することは良くないことです。通知が届いたということは、債務の存在を知ったとみなされます。その通知があったにも関わらず、相続放棄をしなければ、上記でご説明した『相当の理由』を裁判で主張できなくなり、裁判官に相続放棄することを認めて貰えなくなる可能性が高くなります。そのため、債務の通知が届いた際は、放置せず、その通知を受け取ってから、3ヶ月以内に専門家に相談し、相続放棄する準備をしましょう。

6.相続放棄期限は延長できるのか?

相続放棄の期間延長は申請すれば期間延長してもらえるわけではなく、
裁判所が、『延長申請するかどうか』、『どれくらいの期間延長をさせるか』を決定します。
最長で1年6ヶ月の延長が認められるケースもあるようです。

延長を認めてもらうには、ポイントがあり、

「どうして期間を延長する必要があるのか?」

「どの程度の時間があれば検討の障害事由が解消できるのか?」

上記2点を裁判所に丁寧に説明することです。

専門家でなければ対応出来ない部分かと思います。延長申請の実績のある弁護士さんにご依頼することで、延長してもらえるのではないでしょうか?

まとめ

相続放棄は、期限が切れていても、相続放棄出来る可能性がある!ということをご理解頂けたでしょうか?
期限が切れてしまうと、専門家に依頼しなければ相続放棄出来る可能性もないと言ってよいでしょう。そのため、期限が切れている方は、相続放棄専門の司法書士にお願いすることをオススメします。
【相続放棄の関連記事】