相続時に連絡が取れない相続人がいる場合どうすればよい?

相続時に連絡が取れない相続人がいる場合どうすればよい?

相続発生時に、長年相続人の1人と連絡が取れないということは実務上まれに出てきます。もちろん探せば見つかることもありますが、探しても見つからず全く連絡が取れないケースがあります。では、もし、長年相続人の1人と相続発生時に連絡が取れない場合、みなさんはどのような行動を取ればよいのでしょうか?

相続時に連絡が取れない相続人がいる場合どうすればよい?

1、連絡がとれない相続人がいる場合どうすればよいのか?

電話 つながらない

相続発生時に、遺言があれば、基本的には、遺言書通りに相続財産を分割するのですが、遺言書がない場合には、遺産分割をする必要があります。

遺産分割をするために、相続人全員で遺産分割協議(話し合いで遺産分割をすること)が必要になります。

遺産分割協議は、全員が納得すれば、その納得した通りに遺産を分割して終了となりますが、実務上は、この協議でモメることが非常に多いです。

詳細は、

意外とモメる遺産分割【遺産分割協議とは?】

遺産分割調停の流れと、争いが起こった後の対処法は?

『調停』でも決着がつかない場合の遺産分割『審判』とは?

 遺産分割協議を相続人全員で行う際に、もし相続人の1人と連絡が取れない場合にはどうすればよいのでしょうか?

住民票を税理士の職権で調べてもらっても、その住所にいない場合があります。

このように、長年相続人が見つからない場合には、失踪宣告の手続きをする必要が出てきます。

 2、失踪宣告とは?

失踪宣告とは、生死不明の者に対して,法律上死亡したものとみなす効果を生じさせる制度のことです。不在者が下記の①又は②に該当する際は、家庭裁判所へ、申立てにより、失踪宣告をすることができます。

①その方の生死が7年間明らかでないとき(普通失踪)

②戦争、船舶の沈没、震災などの死亡の原因となる危難(生命、身の上があぶないこと)に遭遇しその危難が去った後その生死が1年間明らかでないとき(危難失踪)

普通失跡

生死が7年間明らかでないとき

危難失跡

生死が1年間明らかでないとき 

※失踪宣告するまでの流れは、

2.失踪宣告の手続きの流れは?

こちらをご参照ください。

失踪宣告することで、その相続人は、死亡したものとみなされますので、その相続人なしで、遺産分割協議を行い、遺産の分割を行うこととなります。

まとめ

長期間連絡が取れない相続人がいる場合には、『失踪宣告』という手続きが必要になるのだ!ということをしっかり覚えておきましょう。