みんないくら包んでる?香典の相場は?

みんないくら包んでる?香典の相場は?

葬儀に出席することになったけど、「香典って、どれくらい包めば良いのだろう?」と迷われる方、
けっこういらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、今回は香典の相場についてご紹介いたします。
葬儀に参列される前に参考にしてみてください。

みんないくら包んでる?香典の相場は?

1.香典の相場は?

お香典

香典は、年齢やお付き合いにより、変わってきます。
相場としては、職場は3千円~5千円、身内は3万円~10万円、親類は1万円~3万円程度が多いようです。
また、葬儀後の会食に出席するか否かでも変わってきます。
出席する場合は、目安の金額より、少し多めの金額にした方が良いでしょう。

<香典の目安金額>

勤務先の方 (上司・先輩・同僚・部下・家族)
5,000円
取引先関係
10,000円
祖父母
10,000円~30,000円
両親
100,000円
兄弟・姉妹
30,000円
伯父・伯母・その他の親類
10,000円
友人・知人(友人の家族)
5,000円
隣近所

2.最低金額は?

最低でも3,000円は包むようにしましょう。
香典を出す側は、役に立てばという気持ちでお渡しするかと思いますが、実際のところ
葬儀では、参列して頂いた方等に、葬儀後に食事を振る舞ったり、返礼品をお渡しします。
それらを考慮すると、少額の香典は相手の経済的負担になる可能性もありますので、お渡しするのは控えた方が良いでしょう。
年齢等にもよりますが、出来れば香典の金額は5,000円以上を目安に考えた方が良いでしょう。

3.気をつけなければならない金額がある!?

香典の金額で避けたいのは、「4」や「9」のつく金額です。
「4」や「9」は、「死」や「苦」を連想させるからです。
切りの良い金額で、上記の数字をを避けた金額で包みましょう。

4.職場や複数人で出すときに気を付けたいことって?

「付き合いはそんなにないけど、少しでも包みたい」そういった場合、職場や団体等、何人かでお金を出し合って香典を渡すケースがあるかと思います。
1人当たりの金額が少ない場合は、表書きの名前は、連名にするのではなく、「○○一同」などとした方が相手の負担にならないでしょう。

まとめ

今回は香典の相場をご紹介しましたが、香典は相互扶助の意味合いが強く、「葬儀を行う方の負担を少しでも減らしたい」という気持ちから始まったものです。
お付き合いで形式的に包むこともあるかとは思いますが、受け取る側の気持ちも考え、包む側も、受け取る側も負担にならないようにしたいものですね。