あなたは、将来いくらの年金をもらうことができますか?

あなたは、将来いくらの年金をもらうことができますか?

将来年金がいくらもらえるのかご存知でしょうか?
国民年金か、厚生年金かで、もらえる金額が異なります。
都道府県別に平均いくらもらえるのかを解説していきます。

あなたは、将来いくらの年金をもらうことができますか?

1、厚生年金と国民年金はいくらもらえるの?

厚生年金と、国民年金で、都道府県別に毎月取得することができる平均金額をご紹介致します。
平成26年度末現在のデータとなります。

都道府県
厚生年金保険
国民年金
平均年金月額
平均年金月額
北海道
¥138,063
¥53,664
青森県
¥124,151
¥50,978
岩手県
¥125,742
¥54,348
宮城県
¥140,664
¥53,277
秋田県
¥123,200
¥52,764
山形県
¥124,503
¥54,110
福島県
¥129,054
¥53,604
茨城県
¥147,808
¥53,361
栃木県
¥142,001
¥53,521
群馬県
¥142,070
¥55,016
埼玉県
¥158,193
¥53,833
千葉県
¥162,938
¥54,197
東京都
¥162,054
¥53,701
神奈川県
¥168,585
¥54,618
新潟県
¥132,070
¥55,874
富山県
¥138,714
¥58,098
石川県
¥137,272
¥57,236
福井県
¥133,792
¥57,276
山梨県
¥138,948
¥53,152
長野県
¥138,063
¥53,664
岐阜県
¥124,151
¥50,978
静岡県
¥125,742
¥54,348
愛知県
¥140,664
¥53,277
三重県
¥123,200
¥52,764
滋賀県
¥124,503
¥54,110
京都府
¥129,054
¥53,604
大阪府
¥147,808
¥53,361
兵庫県
¥142,001
¥53,521
奈良県
¥142,070
¥55,016
和歌山県
¥158,193
¥53,833
鳥取県
¥162,938
¥54,197
島根県
¥162,054
¥53,701
岡山県
¥168,585
¥54,618
広島県
¥132,070
¥55,874
山口県
¥138,714
¥58,098
徳島県
¥137,272
¥57,236
香川県
¥133,792
¥57,276
愛媛県
¥138,948
¥53,152
高知県
¥138,063
¥53,664
福岡県
¥124,151
¥50,978
佐賀県
¥125,742
¥54,348
長崎県
¥140,664
¥53,277
熊本県
¥123,200
¥52,764
大分県
¥124,503
¥54,110
宮崎県
¥129,054
¥53,604
鹿児島県
¥147,808
¥53,361
沖縄県
¥142,001
¥53,521

2、国民年金を取得することができるのが、個人事業主

ずっと、個人事業主として、自営業を行ってきた方が、国民年金を取得することができます。

もちろん未納期間や、年金支払い免除期間がある方は、上記の表の金額よりもさらに減少することになります。

3、会社員の方は、厚生年金を取得できる

会社員の方は、基本的に厚生年金を取得することができます。

給与明細から厚生年金保険料が天引きされていれば、将来厚生年金を取得できると考えてよいでしょう。

4、将来年金だけで生活できるのか?

年金生活

厚生年金をもらえる方であれば、生活を切り詰めればなんとか暮らしていくことができると思いますが、国民年金をもらえる方は、確実に老後破産してしまいます。

将来老後破産にならないためにも、対策を取っておくことが非常に大切になるでしょう。

まとめ

将来もらえる年金のイメージを持つことが出来たでしょうか?

もらえる金額が少ないと思われた方は、早めに対策しておくことをオススメ致します。

将来老後破産しないために、不動産投資するという考えがあります。