承継者がいないお墓はどうなる?屋内のお墓(納骨堂)とは?

承継者がいないお墓はどうなる?屋内のお墓(納骨堂)とは?

みなさんは
「誰もお参りに来ないお墓はどうなるんだろう?」
そう思ったことはありませんでしょうか?

近年、少子化や都市部の人口の増加などの理由からお墓の承継者がおらず、無縁墓となっているお墓が増えています。
こういったお墓はどうなるのか?

また、「将来、お墓を受け継ぐ人がいない」
「子供に迷惑をかけたくないから」という理由で、
遠方の田舎にあるお墓ではなく、都市部でお墓を買う人が増えています。

しかし、都内では深刻な霊園不足だという事実をご存知でしょうか?

それを解決するために、近年、屋内型のお墓が増えています。
今回は、近年増えてきている屋内型のお墓についてもご紹介します。


承継者がいないお墓はどうなる?屋内のお墓(納骨堂)とは?

1.誰もお参りに来ないお墓はどうなる?

近年、少子化や都市部の人口の増加などの理由からお墓の承継者がおらず、誰もお参りに来ることなく、無縁墓となっているお墓が増えています。
通常、お墓を維持するためには管理費を、お寺や霊園に支払いますが、当然、無縁墓となっているお墓については支払いが滞っており、お寺も頭を悩ませているそうです。

そして、こうしたお墓は、法律の定めに従って、お寺や自治体の許可を得て、撤去され、残った遺骨に関しては他の方と共同のお墓(合祀(ごうし))に入ることになります。
当然、一度、共同のお墓に入ってしまうと、遺骨を取り出すことは出来ません。

2.「子供に迷惑をかけないため」にお墓を買う人が増えている?

例えば、
すでに亡くなった祖父母は遠方の田舎にお墓があり、
両親は都心に住んでいるような場合、両親が、祖父母と同じ田舎のお墓に入ったとしても、
その子供が、「先祖代々のお墓があるから」という理由だけで、
実家もない遠方に、墓参りの為だけに遠方の田舎まで行くというのは、
忙しい現代人にとってはなかなか難しいのではないでしょうか。

やはり、住まいの近くの霊園の方がお墓の管理や、お参りに行きやすいため、
「自分の子供に、お墓の管理で迷惑をかけたくない」という理由で、都市部でお墓を探し、お墓のお引越し(改葬(かいそう))をする方が増えています。

お墓の場所を移すのにも費用がかかります。そういった費用負担を軽減させる為や、子供の生前にお墓を買うことによって、相続財産を減らせるというメリットがある為、生前に購入している人が増えているようです。

■関連記事
お墓の引っ越し(移動)するために必要な全知識

お墓の引越し(移動)の無料相談をする

3.将来、自分が入るお墓がない!?深刻な霊園不足

しかし、都内の霊園の数は探している人の数に対して少なく、霊園不足が問題とされています。
近年では、都市部に住む方が増えており、田舎のお墓がなかなか遠くて管理ができない方などが、都心部でお墓を探される方が増えてきています。
しかし、都心部では昔からある外の霊園タイプのものは、空きがなく、法律の規制や、周りの住民などの関係で、新たに霊園を作ることが難しくなっています。
そこで、その問題を解決するために近年増えているのが、屋内のお墓(納骨堂)です。
納骨堂は、昔からあるものですが、あまり知られておらず、近年の霊園不足などによって需要が高まってきたことにより広まってきました。

4.屋内型のお墓(納骨堂)ってどんなもの?

従来の外にある霊園で、1家族ごとに墓石が建っているようなものではなく、屋内のお墓です。
納骨堂は以前からあり、ロッカー式のタイプのものがほとんどで、あまり良いイメージがなかったのですが、今ではさまざまなタイプの納骨堂が出来ております。

納骨堂の種類

納骨堂にもさまざまなタイプがあります。

  •  仏壇式・・・・上段は仏壇、下段に遺骨を安置するスペースが設けられているタイプです。 家族代々に渡って継いでいく形式が多く、納骨壇としては料金も高めですが立派なお壇が多いです。
  •  ロッカー式・・・・同じ大きさのお壇が集合しているタイプです。コインロッカーに似ていることからそう呼ばれています。
  • 自動搬送式・・・・ICカードやタッチパネルを操作することで、遺骨が参拝口に運ばれてくるタイプです。
仏壇式-1 ロッカー式-2 堂内陵墓2-1 
 仏壇式  ロッカー式  自動搬送式

画像引用: 実相寺青山霊廟
株式会社ニチリョク

納骨堂のメリット

(1)費用が安い

通常、霊園でお墓を買うと、「墓石代」+「永代使用料」が必要となり、平均100万円~300万円かかります。
しかし、納骨堂の場合、墓石代が不要であるため、50万円~100万円前後で購入できます。

(2)承継者がいなくても安心

納骨堂の場合、永代供養付きであることがほとんどであり、お寺が永代に渡って供養してくれるため、お墓を管理する必要がありません。
※ただし、収蔵期間が「50年まで」など、契約期間が定められている場合もありますので、注意してください。

(3)交通の便が良い

近年増えている納骨堂は駅から近いものが多く、駅から徒歩圏内のアクセスしやすい施設が多いです。
また、バリアフリー対応の施設もあり、ご高齢の方も利用しやすいように配慮されています。

(4)葬儀も一緒にできる

大きな納骨堂に限られてはしまいますが、同じ建物内に葬儀ができるように本堂などが設けられており、葬儀から納骨まで全てお任せすることができます。

(5)宗旨・宗派に関係なく入れる

お寺などの場合は、宗旨・宗派が異なる場合、その霊園に入れませんが、宗旨・宗派に関係なく入れる施設が多いです。

納骨堂のデメリット

(1)収蔵期間が決まっている

納骨堂の中には「永代供養付き」のものもありますが、中には収蔵(保管)期間が決まっている納骨堂もあります。
契約期間満了時の取扱いは施設によって異なりますので、契約される際はきちんと確認しておくと良いでしょう。
お子さんや孫など、お墓を受け継いでくれるような場合には、期間が決まっている納骨堂は、向いていないかもしれません。

(2)遺骨の前で手を合わせられない?

ロッカー式の納骨堂の場合、遺骨を他の方と同じ部屋に収蔵しており、その部屋に入ることが出来なかったり、
出来ても年に何回か限られた時にしか収蔵されている部屋に入ることが出来ない施設が多いです。
そのため、入れない場合は共同墓の前で拝むことになるため、お参りの都度、故人の方の遺骨の前で
手を合わせることが出来ません。

しかし、遺骨の前で手を合わせられないのでは….
と、思う方もいらっしゃるかと思います。(私自身もそうでした)
そんな方の為に、出来たのが自動搬送式の納骨堂です。

5.従来のお墓と同じ? 駅近で、人気のお墓!

これまでお話ししたように

「遠方のお墓にお参りになかなか行けない」方や、
「従来のお墓と同じように墓前で、遺骨を前できちんと手を合わせたい」

という方のために、従来のお墓参りに近いかたちを実現できるようにと、作られた自動搬送式納骨堂もあります。

一見、お墓とは思えないような外観の建物内は、遺骨を収蔵する厨子(ずし)と呼ばれる遺骨を入れる箱を安置するスペースや、礼拝堂があります。

さらに大きな施設の場合、本堂と斎場もあり、お葬式などの法事まで同じ施設内で行うことができます。

また、建物内は立体駐車場のように設計されており、参拝口でカードをかざすと割り当てられた厨子が、
自動的にお墓の前に運ばれてくる仕組みになっています。

また、屋内であるため天気に左右されることもなく、清掃等は施設内のスタッフがおこなってくれるため、お墓の掃除をする手間もありません。

さらに、線香やお花も用意されている施設が多く、手ぶらで行けるというメリットがあります。

堂内陵墓2-2 堂内陵墓2-3 堂内陵墓2-1

画像引用:株式会社ニチリョク 堂内陵墓(自動搬送式納骨堂)両国陵苑

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?
現代の状況を考え、田舎のお墓が無縁墓となる前に、お墓のお引越し(改装)をし、管理のしやすい納骨堂に納めた方が良いのではないかと感じました。

先祖を大事にする気持ちさえあれば、昔からの形式にとらわれる必要はないのではないか思います。
もし、「遠方でなかなかお墓参りに行けていない」という方は、一度、納骨堂の見学をしてみてはいかがでしょうか?

そして、お墓の引っ越し(改葬)をされる方は一度無料相談してみてはいかがでしょうか?
お墓の引越し(移動)について詳しくはこちら

お墓の引越し(移動)の無料相談をする