近年人気の永代供養とは?費用はどれくらいかかるの?

近年人気の永代供養とは?費用はどれくらいかかるの?

近年、「お墓の後継ぎがいない」「子供にお墓のことで、迷惑をかけたくない」

などの理由から「永代供養(えいたいくよう)」が注目されています。

永代供養付のお墓は、

「一般のお墓を購入するより経済的負担も少ない」
「お布施や維持管理費が不要」
「身寄りがなくても 永代にわたり供養してもらえる」
「宗旨・宗派に関係なく入れる」

などのメリットがあります。

では、「永代供養」をお願いする場合、どれくらいの費用がかかるのか?

また、永代供養をお願いした場合、現在ある位牌はどのようにすれば良いのか?など
今回は、「永代供養」についてご紹介します。


近年人気の永代供養とは?費用はどれくらいかかるの?

1.永代供養って、なに?

喪服 女性

霊園やお墓などのパンフレットを見ると、「永代供養付」や「永代供養墓」と、載っているものがあります。

この「永代供養」とは、「永い代(長い年月)に渡って供養する」という意味です。

「お子さんがいない」などの理由により、先祖代々のお墓を受け継ぐ人がいなくなってしまった場合にも、お寺が供養をしてくれるというものです。

ただし、永久に個別に供養するという意味ではありません。

永代供養は一般的に、

①最初から遺骨を合祀墓(ごうしぼ)と言う、他の方と共同のお墓に納骨するケースと、

②一定期間は個別に、納骨堂という室内のお墓に安置し、その後、合祀墓に入り、供養してもらうケースがあります。

②のように最初は個別に安置する場合の安置期間については、お寺や霊園ごとに異なります。
一般的に17回忌・33回忌・50回忌(または30年、50年)などで安置期間が区切られています。
期間を過ぎた後は、他の方と共同のお墓に入り、お寺が続く限り供養してもらえます。

①と②どちらの場合にも、合祀墓に入った後は、他の方と共同のお墓に入ることになりますので、
遺骨を取り出すことは出来ません。
永代供養をお願いする場合は、その点も考慮した上で、選ばれると良いでしょう。

谷山

画像引用:株式会社ニチリョク

また、納骨堂にも種類がありますので、検討されている方は下記の記事も併せてご覧ください。

■関連記事

2.永代供養の費用ってどれくらい?相場は?

計算方法

永代供養付きのお墓は、一般的なお墓を購入する場合に比べて費用が、ぐんと抑えられます。
費用は、上記1.で説明したように「①最初から他の方と共同のお墓(合祀墓)に入る場合」と、「②個別に安置した後、合祀墓に入る」のでは、費用が異なります。

① 合祀墓に最初から入る場合

他の方と共同のお墓になるため、墓石代がかからず墓地使用料も安くなります。

費用は3万円~10万円程度で、その後、管理費用などの追加費用がかからないところが多いため、経済的な負担が最も少ないです。

「とにかく費用を抑えたい」という方には最も適しているでしょう。

② 納骨堂(一定期間は個別安置)の場合

納骨堂の種類や安置期間によっても異なりますが、10万円~100万円前後です。
立地条件や施設の設備などによっても異なり、「駅から近い」「24時間参拝出来る」など利便性が高い場合や、
東京などの都心になると高くなる傾向にあります。
それでも、一般のお墓を購入する場合、120万~200万前後かかりますので、割安です。

また、納骨堂の場合、先ほどの永代供養の費用の他に、追加で、保守、修繕、清掃など、霊園を維持するための管理費
がかかる場合もあります。

万が一、承継者がいなくなり、維持管理費の支払いが滞った場合などは、一定期間は個別に安置した後、
他の方と共同のお墓(合祀墓)に入ります。
また、合祀された後の管理費はかからないことが多いですが、別途支払わなければならない施設もありますので、注意した方が良いでしょう。

納骨堂の種類別 費用目安
種類
費用
 
ロッカー式
10万円~
ロッカー式-2
仏壇式
30万円~100万円以上
仏壇式-1
自動搬送式
50万円~100万円以上
堂内陵墓2-1
また、納骨堂にも種類がありますので、検討されている方は下記の記事も併せてご覧ください。
■関連記事

3.永代供養と永代使用権の違いは?

「永代供養」に似た言葉で「永代使用権」という言葉があります。

霊園やお墓のチラシなどを見ると、よく見かけます。

この「永代使用権」とは、お墓を建てる土地の使用料です。

霊園等の維持管理費を支払い続ける限り、その場所を使用させてもらう権利で、マンションの賃貸借契約などに似ています。

永代使用権は、承継者がいなくなった等の理由により、維持管理費の支払いが滞った場合、権利は消滅します。

4.永代供養の場合の位牌はどうすれば良い?作らなくても良いって本当?

後継ぎがいないからという理由で、永代供養をお願いする場合、これまでの先祖の位牌はどのようにすれば良いのか?悩むところだと思います。

一般的には、永代供養をお願いする際にお焚き上げしてもらうか、お寺でお預かりしてもらうのが一般的です。

永代供養と同様に、長期間(10年、20年)預かってもらえる場合や、短い期間(数カ月~数年)預かってもらった後、お焚き上げするケースもあります。

お寺の考えにもよる為、永代供養をお願いするお寺に相談してみてください。

shiraki resize_image
白木位牌 本位牌

画像引用:AEON×はせがわ

位牌は作らなくても問題ない

お子さんがいらっしゃらない等で「いずれ後継者が不在になることが分かっている」場合、両親の位牌を作るべきかも悩むかと思います。

通常、葬儀の際に白木で出来た「仮位牌」を作り、その後、四十九日法要までに「本位牌」を用意し、「魂入れ」をしてもらいます。

しかし、位牌は、必ず作らなければならないものではありません。

位牌には、戒名や亡くなった日を入れますが、葬儀をやらずに火葬のみを行った場合や無宗教の方などは、戒名をもらうことがない為、位牌を作る機会もありません。
また、浄土真宗では、「本位牌」を作らず、「過去帳」というものを使用します。
過去帳には「故人の法名」「俗名」「命日」「行年などを記録し、それを残すのが正式となっているため、本位牌はありません。
したがって、絶対なくてはならないものではありません。
現代は、葬儀も昔からの形式にとらわれず様々となっており、葬儀後の供養の形も様々です。
何よりも供養する方の「気持ち」が一番大事なのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?「お墓の後継ぎがいない」「子供にお墓のことで、迷惑をかけたくない」「費用を抑えたい」という方には、メリットの多い永代供養。
お寺や霊園によって、契約期間や追加費用の有無など、さまざまですので、満足のいくよう内容を理解したうえでお願いするとよいでしょう。

お墓の引越し(移動)の無料相談をする


監修専門家



4000人以上に選ばれている 相続専門の業界大手税理士事務所