今話題の永代供養墓とは?納得できるお墓選びをするために知っておきたいこと

今話題の永代供養墓とは?納得できるお墓選びをするために知っておきたいこと

終活がクローズアップされたことでお墓についての情報が多く発信されるようになり、自分のお墓についても考える機会が増えてきました。
その結果、「うちには代々受け継がれてきた累代墓があるから大丈夫」と安心していたら、現実は大きな問題を抱えていたことに気付き、「永代供養」という言葉に関心を持つ方が増えてきています。

今回は、永代供養について知っておきたい情報をお伝えします。

今話題の永代供養墓とは?納得できるお墓選びをするために知っておきたいこと

1.永代供養とは?

お墓を承継する子どもがいない、または、何らかの理由で承継することができないなどの場合は、お墓の維持や管理が難しくなってきます。承継者がいなくて管理をする人が途絶えてしまうことによって、先祖代々受け継がれてきたお墓は「無縁墓」になってしまいます。
無縁墓になると最終的には墓石は撤去されて、その遺骨は他の無縁墓の遺骨と一緒に合祀されてしまいます。そのようなことにならないように、お寺や霊園が永代に渡って管理と供養をしていくというシステムのことを「永代供養」と言います。

2.永遠に管理してくれるわけではない

(1)個人墓・夫婦墓など種類はさまざま

お墓を承継する人がいないことを前提とし、お寺や霊園が管理と供養を行っていくお墓が「永代供養墓」です。
永代供養墓は、多種多様な形式があります。大きな石碑や像が建てられて、ひとつのカロート(お墓のお骨を納めるところ)に他の方の遺骨と一緒に納骨する合祀墓が一般的によくみられるタイプです。
しかし、承継者はいないけれど、他の人と一緒のお墓ではなく、自分のお墓が欲しいということで、1代限りであっても個別にお墓を建てる方も少なくありません。個人墓、または、夫婦で入る夫婦墓などがこれにあたりますが、一定の契約期間が過ぎると遺骨は別の場所で合祀されて、そこで供養と管理が継続されていきます。

(2)契約期間もさまざま

契約期間は、七回忌や十三回忌までだったり、三十三回忌までだったりと墓苑によって違ってきますので、確認が必要になります。合祀されたあとは、遺骨を取り出すことは不可能になりますので注意が必要です。

また、屋内の永代供養墓として納骨堂がありますが、ロッカー式や仏壇式の他に、専用のICカードを参拝ブースに差し込むと納骨箱が自動的に運ばれてくる近代的な永代供養墓もあります。今の時代のニーズに対応したいろいろなタイプの永代供養墓が増えてきていています。

供養については、合同法要で行われます。回数は、年に1回、毎月供養、春のお彼岸とお盆と秋のお彼岸の年3回などお寺や霊園の考え方によってまちまちです。
中には、希望をすれば、祥月命日や年回忌の法要を行ってくれるところもあります。

3.永代供養墓が選ばれる理由

なぜ今、永代供養墓を考える人が増えてきているのでしょうか。原因のひとつは、今の日本の社会現象である少子化や核家族化、非婚化などの影響がお墓にも及んできているからです。

例えば、子どもがいない、子どもはいるが遠く離れて住んでいる、子どもが結婚をしていないなどで承継者がいないという理由が主な理由ですが、他には宗派が違う、子どもに負担をかけたくない、家族と仲が悪くて同じお墓には入りたくないといったような理由も見られます。

4.永代供養墓のメリット・デメリットは?

(1)メリット

メリットは、まずは承継者がいなくても管理と供養が約束されているので安心だということです。
費用については、一般墓に比べたら安く、最初に一式で料金を払ってしまうので、その後、管理費やお布施を支払う必要がなく、子ども達に負担をかけなくてすむという安心感もあります。
また、ほとんどのお寺や霊園は、比較的交通の便の良い所にあるのでお参りに行きやすくなります。

(2)デメリット

デメリットは、個別型の永代供養墓であっても一定の期間が過ぎると合祀され、合祀された遺骨は別のお墓に移したいと思っても取り出すことができないので、いろいろな可能性を考えて決めなければ、後で後悔することが出てくるかもしれません。
子ども達に迷惑や負担をかけたくないという気持ちで永代供養墓を選ぶ場合は、必ず前もって話し合いをすることをおすすめします。子どものことを思って決めたことであっても、子ども達もご先祖や親の供養に対する想いもありますから、それがトラブルの原因になるかもしれません。

5.もし、永代供養墓を選択したら先祖代々のお墓はどうしたらいい?

もし、何らかの理由で永代供養墓を選択する場合、これまでの先祖代々のお墓が無縁墓にならないようにご先祖の遺骨を永代供養墓へ移す「改葬」(お墓のお引越し)が必要になります。
改葬をする場合は「墓地、埋葬等に関する法律」の規定に従って手続きをすることが必要になりますが、手続きの方法は自治体によって異なる場合があるので各々の役場で確認をしましょう。

もし、今のお墓が遠くてお困りの方は、お墓の引っ越し(改葬)を検討してみてはいかがでしょうか?
お墓の引越し(移動)について詳しくはこちら

まとめ

永代供養墓と言っても、形態や費用、供養の方法もさまざまなので、実際に見学に行って、自分の目で環境などの確認をして、規約についてきちんと説明をしてもらって、納得をすることが安心感に繋がります。そして、一人で決めずに親族や家族と話し合いをしてどうするのかを決めていくことが大切です。

<文責:相続情報ラボ>

■関連記事
お墓も引越しする時代!墓じまいをしてもっと気軽にお墓参り
お墓を購入する際に、注意しなければならない8つのポイント
おひとり様も子供に迷惑かけたくない方も安心の葬儀信託とは?
承継者がいないお墓はどうなる?屋内のお墓(納骨堂)とは?