宅地建物取引業って何?不動産業との違いを教えます

宅地建物取引業って何?不動産業との違いを教えます

不動産売却を検討している方の中には、ネットサーフィンをしている時「宅地建物取引業」や「宅地建物取引業者」などという言葉を目にすることがあるかもしれません。

なんとなく、不動産関係の言葉というイメージはつきますが、実際にはどのような内容なのでしょうか? 

今回の記事では、宅地建物取引業についてよくある質問「不動産業とどう違うか?」というテーマでお話していきたいと思います。

宅地建物取引業って何?不動産業との違いを教えます

 1.宅地建物取引業とは

①宅地建物取引業の概要

宅地建物取引業は、

「自らが宅地や建物の売買や交換を行うこと」と「(他者が)宅地や建物の売買や交換または貸借をする代理・媒介」を業として行うことです。

「業」として行うわけですので、仕事として対価にはお金をもらい収益をあげることが目的となっています。 

上記の規定をよく見ると、自らが宅地の貸借をすることは含まれていません。このことから、自らがオーナーとなっているアパートの経営を自分でやる場合は、宅地建物取引業には当てはまらないのだということが分かります。

宅地建物取引業という名称は長いため、略して「宅建(たっけん)」と呼ばれています。宅建は「宅地建物取引業法」という法律により規定されています。

②営業には免許が必要

宅地建物取引業は、誰でもできるわけではありません。「宅地建物取引業法」により規制されており、「宅地建物取引士」という国家試験に合格した者でなければ免許はもらえません。

免許は、国土交通大臣または都道府県知事より与えられます。免許を国土交通大臣からもらうか、都道府県知事からもらうかの違いは、営業範囲の違いによります。

全宅連

宅地建物取引業って何?不動産業との違いを教えます

複数の都道府県に事務所を構えるのであれば、国土交通大臣から免許を与えられる必要がありますし、1つの都道府県(例:東京だけ)で事務所を構えるのであれば都道府県知事からの免許があれば営業できます。

③法律違反の場合は罰則も

宅地建物取引業って何?不動産業との違いを教えます

法律で規定されているため、違反行為をすると当然罰則を受けます。例えば、宅建の免許を持っていないのに不動産売買の仲介をする、宅建の免許を他人に貸して利益を得る(=名義貸し)などの行為です。これらの行為を行った場合、免許取り消しとなる場合もあります。

2.不動産業との違いは?

「不動産業」という言葉もありますね。不動産業の場合は、宅地建物取引業よりも広い範囲を指します。宅地建物取引業でできる行為は、宅地の売買・交換・貸借とその代理・媒介でした。しかし、不動産業の場合は以下がその業務範囲です。

不動産の売買・交換・貸借またはその代行・仲介

不動産の管理・またはその代行・仲介

 

①不動産と宅地建物の違い

宅地建物は、その名の通り人が住み活動することができる建物(=宅・建物)とそれに付随する土地(=地)を指します。

これに対し、不動産は土地と定着物を指します。庭に生えている木が一本あるとしましょう。これも、不動産です。不動産とは、その名の通り「動かないもの」という意味なのです。動かそうとしても動かすことが困難な定着物、これが不動産です。

宅地建物取引業って何?不動産業との違いを教えます

そうです。山も不動産なのです。船や飛行機も不動産です。

②不動産業の国家資格はあるのか?

宅地建物取引業を行うためには、宅地建物取引士という国家資格に合格し免許を付与されなければいけません。では、不動産業を行うための国家資格はあるのでしょうか?

答えは「はい」。不動産の範囲は、木が一本から山までと非常に広範囲のため、資格の種類も広範囲です。不動産関係の国家資格は、以下の通りです。

宅地建物取引業って何?不動産業との違いを教えます

大まかに3つに分けると、建物系・土地系・法律系と区分できます。不動産会社では、これら全ての資格者を保有しているわけではありません。主にNO.1宅地建物取引士、NO.2不動産鑑定士、NO.5マンション管理士の3種は不動産会社に在籍していますが、例えば司法書士であれば司法書士事務所、土地家屋調査士であれば測量会社や土木建設会社などに材式しています。

ちなみに、これらの資格を本当に保有しているのかは、国土交通省の建設業者・宅建業者等企業情報検索システムで検索することができます。

まとめ

宅地建物取引業と不動産業の違いは、不動産業の方が山や船といったものまで取り扱い広範囲であることが分かりました。あなたが売却したい不動産がマンションではなく、山つきの戸建てである場合や船の場合は、最寄りの不動産会社では取り扱いできないかもしれません。

より多くの不動産会社を検索できる、不動産比較サイトを覗いてみることをオススメします。