投資不動産の空室率を下げる5つのポイント【知らないと投資失敗します!】

投資不動産の空室率を下げる5つのポイント【知らないと投資失敗します!】

不動産投資を成功させるためのポイントはいくつかありますが、その中でも空室率を下げることは重要なポイントの1つです。空室率の上昇は賃貸収入の減少を意味します。企業に例えれば売上が減少することと同じです。そこで、空室率を下げる対策について、5つの方法をご紹介します。

 

投資不動産の空室率を下げる5つのポイント【知らないと投資失敗します!】


投資不動産の空室率を下げる5つのポイント【知らないと投資失敗します!】

1.利便性

空室率を下げる1つ目の対策は、利便性の良い立地にある収益物件を選ぶことです。立地が良い物件とは、入居者にとって交通の便が良い、買い物に便利などの物件です。一般的には駅から近い立地の物件が利便性は高いといえますが、入居者の属性によって便利だと感じるポイントは変わります。会社員にとっては通勤時間の短さ、大学生にとってはキャンパスへの近さ、主婦にとってはスーパーからの距離、また、小さいお子さんがいる家庭は近くに病院があることなど、人によってポイントは違います。まずは、どのような入居者をターゲットにするかを決めた上で、そのターゲットが望む利便性を備えた物件を探すことが大切でしょう。

 2.人気のある間取りや設備の物件

立地が良くても空室率が改善するとは限りません。空室率を改善するための2つ目の対策は、人気のある間取りや魅力的な設備がある物件を選ぶことです。

人気がある間取りや最新設備がある物件は、長期的に借りてくれる入居者の確保に役立ちます。長く住んでくれる入居者が増加することによって、空室の発生を防ぎ空室率の低下を実現できるでしょう。入居者にとって長く住むかどうかを決める重要なポイントは住み心地の良さだと考えられます。そのため、物件の立地だけでなく、室内の快適さも重視して物件を選ぶことが大切です。間取りや設備の好みは、入居者の属性によって変わりますし、時代とともに変化していきます。新規に物件を選ぶ場合はもちろん、すでに取得した物件についてもリフォームなどでメンテナンスすることによって空室率を下げる効果が期待できるでしょう。

3.家賃相場を把握

空室率を下げる3つ目のポイントは、適正な家賃の設定です。賃貸物件の家賃は、周辺の競合賃貸物件の家賃の影響を受けます。つまり、その地域にある同等の賃貸物件の家賃相場によって決まるといっても過言ではないのです。相場と比較して高い家賃を設定してしまうと、入居者が敬遠して競合物件に流れ、空室が発生しやすくなります。一方、相場よりも低い家賃を設定すると空室率は改善できますが、それでは利益が確保できない可能性があります。設定した家賃が適正水準かどうかについては、複数の不動産業者に相談してみることをおすすめします。無料で家賃査定が受けられるサイトもありますので、活用してみるとよいでしょう。

 4.良質な管理会社と賃貸仲介業者を選ぶ

立地が良くて人気の間取りで家賃が手頃であっても、ごみ収集場所がいつも汚れていたり、共同廊下の電気が長期間切れたままで放置されたりすると、入居者は住み心地が悪いと感じるでしょう。また、入居希望者が内見に来た場合も良い印象を受けないはずです。賃貸物件は、管理が重要です。管理については管理会社に委託するのが一般的ですが、良質なサービスときめ細かいメンテナンスを提供してくれる管理会社を選ぶことが空室率を下げる4つ目の対策になります。また、空室が発生した場合に、すぐに入居者を見つけてくれる集客力が高い賃貸仲介業者と良好な関係を築いておくことも重要です。集客力が高い業者かどうかは、その地域の業者検索をしたときに上位に表示されるか、積極的に広告を打っているか、などで判断するとよいでしょう。

5.入居者が喜ぶサービスを提供

空室率を下げる5つ目の対策は、入居者を喜ばせるサービスを提供することです。特に、入居者に経済的なメリットを感じさせるサービスが効果的です。例えば、礼金をゼロにする、家賃を1カ月分サービスするなどが考えられます。家賃自体を下げてしまうと再び上げることは難しいため、賃貸経営に対して長期的に悪影響を及ぼす可能性がありますが、一時的な収入減少で済ませられるサービスであれば、それによって早く入居者が決まる効果で相殺できる可能性が高いでしょう。

まとめ

空室率を下げるポイントをご理解いただけたでしょうか?

不動産投資をする方は、上記の5つを必ず参考にしてください。

投資不動産の空室率を下げる5つのポイント【知らないと投資失敗します!】