一戸建ての住宅にはどんな種類があるの?種類別のメリットとデメリットは?

一戸建ての住宅にはどんな種類があるの?種類別のメリットとデメリットは?

一言で「一戸建て」といっても、建売、注文住宅といった種類があるのをご存知でしょうか?そして、それぞれのメリットとデメリットがわかれば自分にどちらが向いているのかがわかってくることでしょう。 

メリット、デメリットを把握し、あたなにはどの一戸建て住宅が向いているのかを把握しましょう。

 


一戸建ての住宅にはどんな種類があるの?種類別のメリットとデメリットは?

1、建売住宅のメリット・デメリット

建売住宅とは「不動産会社が建築し、完成した状態で売られる土地建物セットになった物件」のことです。

(1)建売住宅の4つのメリット

①メリット1

同じような間取りや構造の物件を多く作るため、スケールメリットがあり費用を抑えられる

②メリット2

土地と建物が同時に売買されるので住宅ローンの手続きが簡便になること

③メリット3

土地と建物がセット価格なのでわかりやすいこと

④メリット4

完成した物件を直接見て確かめられるといったこと

(2)建売住宅の2つのデメリット

①デメリット1

間取りの自由な変更ができないこと

②デメリット2

同じ会社が作った住宅は同じような造りになっていることが多いため外観に個性が感じられないこと

2、「建築条件付き土地」を購入し、指定の建設会社に住宅建築してもらう際のメリット・デメリット

建築についてある程度の条件があることを了解した上で土地を先に購入し、指定された建築会社によって家を建ててもらう方法があります。

(1)3つのメリット

①メリット1

建築会社にこだわりがない人は選ぶ手間が省けること

②メリット2

建売よりは間取りなどの選択肢が多くなる

③メリット3

ある程度定型化したものを選べば注文住宅よりコストがかからない

(2)3つのデメリット

①デメリット1

土地と建物を別々の時期に引き渡すので融資手続が複雑になる

②デメリット2

建築会社を選べないこと

③デメリット3

建築期間に制限がある

3、注文住宅のメリットデメリット

注文住宅とは、土地だけを購入し、自分の好きな建築会社を選んで一緒に設計プランを相談しながら建てる住宅のことです。

(1)注文住宅の2つのメリット

①メリット1

好きな建築家と自由に設計できるので細部までこだわりを実現できる

②メリット2

建築期間の制限がない

(2)注文住宅の○つのデメリット

①デメリット1

細部まで決めなくてはならないため、打合せなどで大幅に時間と手間がかかる

②デメリット2

土地と建物を別々の時期に引き渡すので融資手続が複雑になる

③デメリット3

オーダーメイドなので費用が高額になりがちである

まとめ

どのタイプの住宅を選ぶかが予算でおのずと決まってくることもありますが、予算に余裕がある人でもどこに重きをおくのかで変わってきます。「自分がどの程度まで家のデザインや間取りにこだわるのか」「打合せの時間、体力、気力があるのか」などを基準に考えていくと良いでしょう。