賃貸に住んでいた人が一戸建てを購入するメリットとデメリットは?

賃貸に住んでいた人が一戸建てを購入するメリットとデメリットは?

新婚当初は賃貸や社宅住まいで頭金を貯め、そのうち一戸建てを購入するというパターンは多いですが、賃貸と比べて購入の方がすべてにおいて優れているかというと、そうとも限りません。賃貸と比べ購入にもメリットとデメリットの両方がありますので、よく確認しておきましょう。


賃貸に住んでいた人が一戸建てを購入するメリットとデメリットは?

1、賃貸と比較した際の一戸建て購入のメリット

(1)資産形成ができる

やはり「購入」の最大の魅力は不動産が自分の資産になることでしょう。家賃のようにお金が流れ出ていくのではなく、確実にローンを返し終わって自分のものになることに満足感をえる人も少なくないはずです。

(2)リフォーム可能

ライフスタイルに合わせて自由にリフォームできることです。最近では、将来のリフォームに備えた設計になっている一戸建てもあります。子供が独立したら夫婦の趣味の部屋を作るなど、夢も広がります。

(3)ペットの飼育が自由

賃貸の場合、ペットについて制限がかかっていることのほうがむしろ一般的ですし、飼えたとしても家賃が上乗せになることが多いです。しかし、自分の持ち家であれば誰にはばかることなく自由にペットを飼育できます。

(4)物件によっては賃貸にも出せる

夫婦2人だけになるとマンションに住み替えるという人も多いことでしょう。こんな時にも持ち家なら、条件さえ良ければ人に貸し出して毎月の家賃収入を得られるという魅力もあります。

2、賃貸と比較した際の一戸建て購入のデメリット

(1)簡単に引っ越せない

住宅ローンを順調に支払えれば問題はないでしょうが、人生には色々なことがあります。大黒柱の病気、リストラ、減収などがあってローンの支払いが苦しくなり家を手放したくなっても大体の場合、家の売却価格よりローンの残債務の方が多くなってしまいます。

また、住んでみるまで気がつかなかった不便な点、ご近所トラブルなどが発覚しても賃貸のように簡単には引っ越せないことが難点です。

 (2)リフォームや修繕にかなりお金がかかる

賃貸と一戸建て、数十年単位で見た費用の総額は統計的にはあまり変わりません。一戸建ては自分のものになるからと言いますが、ローンを返済し終わった頃にはもう数百万円単位での修繕費がかかることが普通だからです。また、不動産を保有し続ける限りは固定資産税などの費用も毎年支払わなければなりません。 

まとめ

賃貸か購入か、という問題は個人のライフスタイルやこだわり、考え方によるものであり、どちらが絶対に正解ということはありません。自分が重視したいことをより多く満たせる方を選ぶと良いでしょう。